Staff-Blog

未来のためにできること

冷え性対策のアレコレ

f:id:suzuhana87:20190222132225p:plain

冷え性は痛い!

冷え性ですか?
私は冷え性です。

若い頃は、薄着でも大丈夫だったのですが、
年をかさねて、筋肉量が落ちてくるにつれて
すごく冷えを感じるようになりました。

特に、デスクワークをしていると
足首や足の甲などがキンキンに冷えて
痛いぐらいの冷えを感じます。

冷え性って何?っていう陽性の体質の人には
まったくわかって頂けないのですが、
冷えって本当に痛みを感じますし、
血行も悪くなってしまい、全身の血やエネルギーの巡りが
悪くなってしまい、本当にツライんですよね。

そう言えば、外国人の平均体温は37℃ぐらいで
日本人は36℃代だそうです。

日本人も昔は37度ぐらいだったそうですが
生活習慣の変化などで、昔より平均体温が下がっているそうです。

体温が1℃下がると免疫力が30%下がるので
現代の日本人は昔の人や外国の方に比べると
病気をしやすい体質だと言えるのかもしれません。

なんとか体温をプラス1℃上げて
病気をしにくい体を手に入れたいなと思い
いろいろと試した結果、
これは良いと思ったものをお伝えしたいと思います。


■基本は頭寒足熱

まずは、明日冷たいんだから足回りを温めるのが基本。
お気に入りはヒートレイの足首ウォーマーです。

もうコレ無しでは外出できないぐらいヘビーに使っています。
洗濯している時のために2つ持ってます。

あとふくらはぎポカポカ体操が簡単ですぐに効果が出るので良いですよ。

 

ふくらはぎは第2の心臓とも呼ばれているぐらい重要な箇所です。
冷え性の人はここに筋肉がない人が多いのです。

もう一つのオススメは足湯です。特に鉱泉浴を使った足湯
冷え性改善にすごく役立ってくれると思います。


足の温め方をまとめると

・レッグウォーマーなどで足首を温める
・ふくらはぎの筋肉をつける
鉱泉浴で足湯をする

こんな感じですかね。
足さえ温めれば冷え性の半分ぐらいはもう大丈夫!


■体の中からも温まる

足を温めて冷え性対策をするのは、割りと外からのアプローチですが
それだけではちょっと足りません。

冷え性、陰性体質の人は、陽性の食べ物を多めに食べて体質を改善することが大事です。

陽性の食べ物というのは簡単に言うと、寒い土地に育つもの、地面の下で育つもの、硬いもの、水分が少ないもの、しょっぱいものです。
色が黒っぽいものもいいですね。

体を冷やす食べ物はその逆で、温かい土地で育つもの、葉物などの地面の上で育つもの、柔らかいもの、水分が多いもの、甘い物などです。
精製された白砂糖などは極陰性、冷え性の人は絶対に避けたいものですね。

冷え性の人は体が陰性に傾いているので、なるべく陽性のものを食べて体の中の陰陽のバランスを整えてくださいね。

陰性体質の人にオススメなのが粉末生姜がたっぷりと入った生姜シロップです。
一般的な生姜シロップはダメです。あれは、粉末生姜ではなく、生姜のしぼり汁のみを使っているので、逆に体を冷やしてしまいます。あと、甘くするためにメチャクチャ白砂糖を使っていますからね。

体を温めるために飲んでいるつもりでも逆に冷やしてしまう結果になります。

生姜の絞り汁は陰性、粉末生姜は陽性です。

この2つが合わさって初めて、生姜で体を温めることが出来るのです。

この粉末生姜がたっぷりと入った生姜シロップが「乳酸ジンジャー」です。

これは体を温める生姜粉末と、生姜エキスのダブルパワーで、体を陽性体質に導いてくれます。

しかも5000億個の乳酸菌と、水溶性食物繊維も入っているので、お腹にも良いです。

しかもしかも、フルボ酸と36種類以上のミネラルに酵素もたっぷりと入っていてさらに、原料はすべて国産素材で香料や保存料などの添加物も排除して完全無添加で作っているので安心です。

寒さを感じやすくて、ツライ思いをなさっている方はぜひ試してみてくださいね。

乳酸ジンジャー販売店舗一覧

楽天市場
アマゾン
ヤフーショッピング
JES通販ショップ
乳酸ジンジャーの定期購入はこちら

 

f:id:suzuhana87:20190222133253j:plain

陰陽五行の栄養学

f:id:suzuhana87:20160311171507j:plain

世の中は陰と陽で出来ているというのは陰陽学の考え方ですが、陰陽の考え方で、栄養学を見ていくのが「陰陽栄養学」です。

食べ物の陰と陽は、主にナトリウムとカリウムのバランスや、収穫した時期、調理法など決まってくるのですが、陰性に傾きすぎても陽性に傾きすぎても病気になりやすい体質になります。

ちなみに男性はナトリウム過多の塩っ辛い食べ物が大好きなので、陽性になりやすいですし、胃がん心筋梗塞などになりやすいので注意が必用です。

女性は逆にカリウムの多い食品や、砂糖などの甘いものが大好きなので、陰性になりやすいです。陰性体質になると体は冷えやすいので、女性は陰性が強い食品は出来るだけ少なくした方が良いですね。
冷え症は体温を低くし免疫を下げるので病気になりやすいです。

こんな感じで食べ物の陰陽のバランスを取りながら体の陰陽を調和して健康体を保つのが陰陽栄養学です。

日本人はとにかく冷えが多いので、陰性を避けてなるべく陽の強い体が温まるものを食べた方が良いですね。

日本人と外国人の平均体温を比較すると、日本人が平均36.2℃なのに対して、欧米人は平均36.9℃と0.7度も高いそうです。

体温が1℃低下すると免疫力が30%低下すると言われているので、これだけ冷えを抱えていては病気を招く体になっていると言っても過言ではないでしょう。

余談ですが、江戸時代の頃は冷え症と言えば、女性ではなく、男性特有のものだったらしいですよ。

生活様式や食べ物が変われば、陰陽のバランスは変わっていきます。

陰陽五行の栄養学を勉強して出来るだけバランスのとれた“中庸”を目指し、健康的で幸せに生きたいものですね!

体が温まる鹿肉カレーの健康の秘密とは?

f:id:suzuhana87:20170713150925j:plain

 

■美味いだけではない!日本人の体調を考えた健康カレー


あまり知られてはいませんが、鹿肉は牛肉・豚肉・鶏肉より高タンパクで低カロリー。また肉類にはほとんど含まれていないDHAが鹿肉には唯一含まれています。

それから鹿肉には鉄分、ビタミンB2、多価不飽和脂肪酸を多く含み、リノール酸・αリノレン酸も含んでいます。

また鹿肉は陰陽栄養学でいうと体を温める作用がある『陽』の食材です。

しかしながら一般的には鹿肉というのは固くて臭いお肉というイメージですが、この鹿肉カレーは丹波栗を好んで食べている丹波鹿という鹿肉です。エゾシカとは違う鹿です。

だからエゾシカのような臭みはないですし固くもないので本当に美味しいお肉になっています。

そんな栄養価が高く体を温める作用がある鹿肉をメインとしながら、陰陽栄養学の観点から体を冷やす作用のあるジャガイモなどを省いて体を温める素材を中心に作ったカレーが『鹿肉カレー』です。

カレーというのは元々暑い国のインドなどで好んで食べられている食べ物です。なのでインドカレーやタイカレーなどと言われている一般的なカレーは体を冷やす効果を持っています。

暑い国では、こういうものを食べて体の熱を冷ますのはとても大切なことなのですが、日本で、日本人が食べるには向いていない食べ物なのです。

 

■日本人は冷え性


統計によると日本人の5~8割ぐらいが冷え性だそうです。
女性に限って言えば、7、8割ぐらいは冷え性だと思います。

冷えは免疫力を下げてしまうので、様々な病気の原因になってしまいます。

そんな日本人が体を冷やすカレーを食べてしまったらますます日本人の体は冷えてしまうと思いませんか?

普段食べているカレーを思い出してください。
ジャガイモが入っていたり、夏野菜が入っていたり、白砂糖などで甘みをつけていたりしませんか?

普段、そんなカレーを食べている方はぜひ『鹿肉カレー』を食べてみてください。

 

■絶妙な陰陽バランスの鹿肉カレー!


鹿肉カレーはじゃがいもなどの体を冷やす食材を避け、砂糖は白砂糖ではなく、粗糖と糖蜜を使い、鹿肉、日本山人参などの体を温める食材を多く使っています。カレーのスパイス自体が体を冷やす方向性のものなので、日本山人参などを加えてバランスを調整して温めるカレーにすることが大事なのです。

この日本山人参がまた圧倒的な栄養価を持っています。
SOD、アルギニン、コエンザイムQ10、すべてのアミノ酸、すべての必須ビタミン、トリプトファン、ヒドロキシプロリンなど約50種類もの豊富な栄養素を含有しています。

食べた瞬間に口の中に旨味が広がり、食べてしばらくすると体がポカポカしていきて体中の細胞が喜んでいるのがよくわかります。

ぜひ一度食べてみてください!

 

item.rakuten.co.jp

水素コーヒーとは?

■世界初のコーヒー《水素焙煎珈琲》とは?

f:id:suzuhana87:20151208180035j:plain

 

世界初、飲んで健康になる水素コーヒーは金沢大学の名誉教授廣瀬幸雄先生によって生み出されました。

 

この水素コーヒーは焙煎する際に火を使わず、過熱水蒸気によってコーヒー豆の中に水素をたっぷりと封じ込めることに成功した世界初のコーヒーです。

 

コーヒー豆の中に水素が入ったことで、酸化しにくくなり、家庭でも煎りたての香りや味を楽しめる美味しさと健康を両立したすごいコーヒーなんです。

 

コーヒーというのはもともとクロロゲン酸というポリフェノールが含まれており。抗酸化作用に優れているのですが、この水素コーヒーは水素の抗酸化力まで取り込んでいるので、美味しいコーヒーを飲みながら健康力も高められる優れもの。

 

実はクロロゲン酸は熱に弱いので普通のコーヒーだと焙煎の過程で大部分が失われてしまうのですが、この水素コーヒーは水蒸気で焙煎しているので、クロロゲン酸が損なわれることはありません。

 

1日2杯以上コーヒーを飲む人にはシミが少ないというデータもあるコーヒー。おいしいコーヒーを飲んで飲んで美しい姿になれたら幸せですよね。

 

水素コーヒーの詳細

完全無農薬を目指した山形のすももとさくらんぼ

山形と言えば、さくらんぼ、すいか、ラ・フランス、ぶどう、すもも、りんごと様々な種類の果物がありますが、内海さんの作る「さくらんぼ」や「すもも」はミネラル農法で完全無農薬を目指した、栄養豊富で安全なくだものです。

 

現在は減農薬で徐々に農薬を使う量を減らしていて将来は完全に農薬を使わず無農薬でフルーツを作りたいとのこと。

 

そしてミネラルと愛情ををたっぷりと注いで作った「すもも」や「さくらんぼ」は品の良い甘みと酸味のハーモニーが絶品でファンになる人が続出です。

ぜひ一度食べてみてもらいたいです。

 

ミネラルたっぷりの「すもも」の詳細はこちら

 

f:id:suzuhana87:20150828111746j:plain

FYTTE (フィッテ) 7月号にミネラル鉱泉浴が掲載!

FYTTE (フィッテ) 7月号にミネラル鉱泉浴が掲載!

5月16日発売のフィットネス&ダイエット誌「FYTTE (フィッテ) 7月号」の「ダイエットサポートアイテム大集合」というコーナーでミネラル鉱泉浴50が『慢性的な冷え性ですが、汗がダラダラ流れて全身がポカポカに。温泉に入ったあとのように、全身がスベスベになるのも◎♪』と紹介されました。

 

メディア掲載情報|生体ミネラル『希望の命水』の株式会社JES(ジェイ・イー・エス)

 

超人気の入浴剤でレビューの評価もすごいです!
夏に向けて痩せなきゃ(汗)・・・って人はぜひチェックしてみてください。

 

ミネラル鉱泉浴のレビュー

 

f:id:suzuhana87:20150522162125j:plain

JESのfacebookページ

JESのfacebookページを開設しました。

希望の命水に関する情報や

JESの最新セミナーの情報、

JES代表の本井のブログの案内など

こちらから発信していきます。

よろしくお願いします。

JESのfacebookページ